格安SIM/格安スマホ/MVNO情報まとめ

MVNO/格安SIMで格安スマホ利用/一から学ぶMVNO

*

SIMフリースマホにドコモSIMを入れたが通信できない

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

SIMロックがかかっていないSIMフリー、もしくはSIMロックを解除してSIMフリーになったスマートフォンは、会社を選ばずSIMカードを入れれば基本的に通信ができます。

MVNOや量販店などで販売されているSIMフリースマホは、そういう意味で非常に使い勝手がいいスマホといえますが、SIMフリースマホにドコモの契約をしているSIMカードを入れてみたが通信できない、ということがあります。

基本的に通話はそのまま設定なしでできるようになりますが、通信については、APN設定をしなければ通信ができません。

現在、通常NTTドコモがスマートフォン用に提供しているAPNとしては「spモード」がありますが、spモードはドコモのスマホ用に提供されているAPNであり、SIMフリースマホでは利用することができません。

そのため、ドコモのSIMをSIMフリースマホで利用する場合のAPNとしては、「mopera U」が用意されています。

ドコモの契約でspモードを契約していてもそのままではmopera Uは利用が出来ないため、別にmopera Uの契約をする必要があります。全国のドコモショップで申し込みができます。

mopera Uには現在、シンプルプランとスタンダードプランが用意されています。違いとしてはシンプルプランが月額200円(税抜)、スタンダードプランが月額500円(税抜)です。スタンダードプランでは「@mopera.net」というドメインのメールアドレスが利用できるようになりますが、シンプルプランはメールアドレスの提供がなく、接続のみのプランとなっています。

加えてシンプルプランは、ドコモの新料金プラン「カケホーダイプラン」を利用している場合のみ申込み可能であり、それ以前の「タイプXiにねん」を利用している場合にはmopera Uスタンダードプランのみ申込み可能となります。

Xi契約の場合のmopera UのAPNは「mopera.net」となっており、SIMフリースマートフォンのAPN設定にて、「mopera.net」を設定する必要があります。

ドコモSIMをSIMフリースマホに入れたのに通信ができないという場合は、このAPN設定が正しくできていなかったり、そもそもmopera Uの申込み自体ができていない可能性もありますので、確認してみましょう。

 

 - MVNOとドコモ