格安SIM/格安スマホ/MVNO情報まとめ

MVNO/格安SIMで格安スマホ利用/一から学ぶMVNO

*

NifMoでんわ・「月額1300円」の罠とメリット

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

Niftyが運営する人気のMVNO・NifMoにおいて、MVNO初の国内通話カケホーダイのプランである「NifMoでんわ」が先日開始されました。

月額1300円で通話定額カケホーダイということであれば、非常にお得なプランと言えるため、私も早速キャリアのカケホーダイプランから移行の準備を始めようと考え始めていたのですが、実は大きな注意点がNifMoでんわには潜んでいました。

スポンサードリンク

NTTドコモのカケホーダイプランは、FOMAフィーチャーフォンの場合が2200円、Xiスマホの場合が2700円です。

もしNifMoでんわが月額1300円であるのなら、確実に最安値と言えます。

これなら利用価値は十分ある、と考えて内容の詳細を確認したわけですが、NifMoの通話完全定額プランNifMoでんわは、オプションサービスとしての料金が1300円であり、それに加えて音声通話の基本料金700円と、データ通信プラン3GB900円が、最低でもついてくるということがわかりました。

つまり、700円+900円+1300円。合計2900円でカケホーダイ+3GBのデータ通信可能スマホが出来上がるわけです。

 

キャリアの通信料金を考えれば、これでも確かに格安かもしれません。

ただし、この料金ならドコモのカケホーダイプラン(ケータイ・2200円)を利用しながら、NifMoのデータ専用プラン3GB900円を使っても3100とあまり変わりません。

しかもその方法なら、通信の安定性に疑問が残るIP電話を利用するNifMoでんわよりもドコモの通常の音声回線を利用した方が、安心して通話ができます。

NifMoでんわを利用するメリットが、見えてきません。

 

さらに、NifMoでんわはIP電話なので、通話をするとデータ容量を消費します

目安は3分あたり1.5MBの容量を消費するため、単純計算300分相当電話をすると、150MBを消費する計算となります。3GBあれば、よほど通話を極端に利用しない限りは問題ないと思われますが、通話をするのにデータ容量を消費するのは多少抵抗があります。

データ容量は料金に変わるのだから、データ容量を消費する通話は本当に無料と言えるのか、という疑問も残ります。

 

さらにNifMoでんわは、国内だけでなく、海外へも通話定額でかけることができる「海外かけ放題プラン」も用意しています。

月額料金は2700円です。

例によって基本料金700円とデータ通信3GB900円の上に追加すると、合計4300円です。

海外への通話については、そもそもNifMoでんわもIP電話であるのなら、LINEやSkypeなどを利用すればよく、あまり大きなメリットは感じられません。

国内初の完全通話定額を実現したMVNOとして注目されたNifMoでしたが、ふたを開けてみればがっかりの内容だったと言わざるをえません。

 

しかし今後、競合他社が同じようなサービスを、もっと洗練した内容で開始してくれば、面白い展開になってくる可能性があることを考えれば、今後への期待も込めて今からのMVNO市場の動向を注視していけばいいのかもしれません。

 - MVNOニュース, お勧めMVNO