格安SIM/格安スマホ/MVNO情報まとめ

MVNO/格安SIMで格安スマホ利用/一から学ぶMVNO

*

NTTコム/OCNの音声対応SIMカード

      2016/01/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTコミュニケーションズのOCNが提供するMVNO、OCNモバイルONEでは、音声通話は長く050plusを利用するIP電話を中心サービスとして提供していました。

NTTコムの通話プランといえば、ひと昔前まではマイラインを四区分設定することで安く利用することが出来るプラチナラインが有名でしたが、インターネット/スマホ時代に役立つ通話サービスとしてスタートしたのが050plusでした。050plusの番号同士であれば無料通話を利用することができるアプリとしても人気を集め、OCNモバイルONEがまだ「OCNモバイルエントリーd」という名称でサービス提供しているころから、データ通信に加えて手軽に通話機能もつけることができるということで、主力のサービスの一つとして展開されています。

ただ、弱点としてはIP電話の特徴である「050」から始まる番号からの発信となることで、「090」や「080」などの使い慣れた番号をそのまま利用することが出来ない点が最大の問題であり、プライベートであればともかく、ビジネス上などではなかなか使いにくいなどの課題がありました。

そんな中、MVNOがいよいよ広がりを見せつつあり、ついにMVNOで音声対応SIMも登場するに至って、ついにOCNも音声通話対応SIMカードの提供を2014年12月より開始しました。

これにより、090、080番号をそのままOCNモバイルONEに持ってくることができるMNPにも対応し、従来からの電話番号をそのまま利用しながら、加えて050plus番号も使えるという、シーン別に二つの番号を使い分けられるという新たな利用方法をも提示しています。

格安でスマートフォンを利用することが出来るということで、NTTグループとして確実にNTTドコモのユーザーを奪ってしまう形になる可能性もあるわけですが、実際はそういうネガティブなとらえ方ではなく、他社MVNOに奪われる前に低利用層をNTTコムのOCNが拾いとってしまい、結果NTTグループ全体としてのマイナスを減らしていこうという意図もあるようです。

番号は必要だけど通話自体は非常に少ないという層は、OCNの音声対応SIMカードを利用して通話とインターネット両方を格安で活用することができるようになります。安定のドコモ回線とOCNとのコラボで、通信品質も上々の評判をここまで得ています。業界最大手として、NTTコミュニケーションズのOCNモバイルONEは、MVNO第一の利用先候補として、検討してみる価値ありです。

 

 - OCNモバイルONE