格安SIM/格安スマホ/MVNO情報まとめ

MVNO/格安SIMで格安スマホ利用/一から学ぶMVNO

*

Nifty(ニフティ)のMVNO「NifMo(ニフモ)」

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

大手インターネットサービスプロバイダーのNifty(ニフティ)が、MVNO事業(ドコモ系)をスタートしています。

LTE高速データ通信・音声通話対応サービスとしてスタートした「NifMo(ニフモ)」は、2014年11月よりスタートし、他社MVNOと同じようにデータ通信はもちろん音声通話にも対応し、MNPによる大手キャリアからの番号そのままでの移行にも対応しています。

スタートフォン(ASUS ZenFone 5など)をセットにしたプランもあり、SIMカード単体プランもあり、自分の利用状況に合わせてプランを選択することが可能です。

専用アプリとして「NifMoバリュープログラム」を用意し、NifMoが提携する100以上のショッピングサイトで買い物をしたりアプリをダウンロードしたりすることで、毎月の利用料金が割引されるというシステムを採用しています。

さらに「NifMoコネクト」では宅内の無線LANやニフティが提供するWi-Fiスポットへの接続を自動で切り替えてくれたりと、利用環境を快適にしてくれます。

スマホセットを利用した場合の、安心できるサービス「NifMoあんしん保証」も月額380円(税別)で提供され、万が一スマホ本体に故障や破損、水濡れなどが発生した場合に、有償交換に対応してくれます。

使い方に不安が残る初心者の方に向けて、「NifMo訪問レクチャー」も用意し、接続設定や操作方法など、基本的なところから訪問によるレクチャーを実施してくれるという有償のサポートにも対応しています。

料金は、データSIM専用プランで、900円(税別)/2GB、2500円/4GB、3500円/7GBとなっています。

音声通話対応にした場合はそれに加えて700円が上乗せされ、さらにSMS対応にした場合にはさらに250円が追加されます。

料金体系としては、一般的な他社MVNOと大きな差はなく、ほぼ同じ水準ですが、やはり特徴としては「NifMoバリュープログラム」による割引といえそうです。

同じネットショッピングをするなら、NifMoバリュープログラム提携サイトから買い物をすればその分NifMoの料金が安くなりますし、アプリをダウンロードするにしても提携アプリであれば割引が実施されます。他にはないプログラムを有効活用して、もともと安い格安スマホをさらに安く利用することが出来ます。

インターネットサービスプロバイダーとして@Nifty(アットニフティ)を利用している人も少なくないと思われますが、そうした人には馴染みのあるMVNOといえます。

MVNO利用の際の有力候補として「NifMo(ニフモ)」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 - お勧めMVNO