格安SIM/格安スマホ/MVNO情報まとめ

MVNO/格安SIMで格安スマホ利用/一から学ぶMVNO

*

MVNO格安スマホを利用したらドコモよりも高くなった

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

格安格安ともてはやされ、月額料金が大手通信キャリアであるドコモやau、ソフトバンクを利用するよりも少なくとも半額以下になると聞いてすぐにMVNOへと移行してみたら、今までよりも逆に高くなってしまった、という失敗談です。

一般的に大手キャリアのスマートフォンを利用するよりもかなり安い料金設定がされているMVNO格安スマホを利用して、今までよりも毎月の利用料金が高くなる場合、原因はほぼ一つしか考えられません。

 

それはつまり、通話の利用時間です。

 

電話をかけることが多い場合、MVNOのSIMカードを利用した場合、電話をすればするほど従量制で通話料金がかかります。

加えて、MVNO格安スマホの場合一般的に通話料金は高めで、30秒あたり20円(税抜)程度の水準がほとんどです。

この通話料金を安くしようと思ったら、MVNOによってはIP電話を併用することがで若干安めに通話ができるようにすることもできますが、それでも「カケホーダイ」というわけにはいかないので、ある一定水準を超えて電話をするとどうしても「通話定額制」を採用している大手キャリアと比較すると高めになってしまうわけです。

 

この問題を解決する方法としては、カケホーダイプランの大手通信キャリアのスマホもしくはケータイと、MVNO格安スマホの併用という方法があります。

つまり、通話をするなら大手キャリアが安く、通信をするならMVNOが安いという現状があるため、通話専用で大手キャリア、通信専用でMVNOという使い分けをするのが最も効率のいい利用方法となるわけです。

仮にNTTドコモでカケホーダイプランをフィーチャーフォン(ガラケー)で利用した場合、月額料金は2200円(税抜)。MVNOでデータ専用プランで容量3GBで利用した場合900円前後。両方合わせても3000円程度で利用できる計算となります。これが大手キャリアであれば7000円~10000円程度かかることを考えると最も安い方法となります。

もし、MVNOを利用して料金が逆に高くなってしまった場合は、改めて通話の利用を見直しし、キャリアのカケホーダイと併用を検討してみましょう。

 - MVNOとドコモ, MVNOの選び方