格安SIM/格安スマホ/MVNO情報まとめ

MVNO/格安SIMで格安スマホ利用/一から学ぶMVNO

*

MVNO利用と光インターネット

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でNTTのフレッツ光auひかり電力会社系の光など、各種インターネットを利用しようと考えた場合、もしくは既にどこかの光サービスを利用している場合、MVNOユーザーとしてはどのサービスを選択したほうがいいのでしょうか。

基本的に固定と移動は総合的に考えた方がお得になる時代になってきているので、まず利用しているMVNOが決まれば、利用するべき固定のインターネット事業者もある程度決まってきます。

キャリア利用者の場合であれば、ドコモを利用しているならドコモ光、auを利用中ならauひかり、ソフトバンクを利用中ならソフトバンク光を利用するのがもっともお得になる場合が多いわけですが、キャリアの光コラボはプランによってはあまりお得にならないケースもあるので注意が必要です。

ちなみに3キャリアの中でauひかりだけは、NTTとのコラボではなく、自社の光回線、もしくは提携の電力系光を利用したサービスとなっています。ドコモ光とソフトバンク光は、NTTの光回線を利用したNTT光コラボサービスです。

スポンサードリンク

ドコモもauもソフトバンクも利用していないMVNOユーザーの場合は、まず利用しているMVNO事業者がNTTとの光コラボ事業を行っているかがポイントになります。

例えばOCN光IIJmioひかりBiglobe光などなど、2015年春のNTT光卸開始と同時に一気に増えた光コラボ事業者は、もともとインターネットのISP事業を行っている企業が参入しているケースが多く、ISP兼MVNOとなっている場合も少なくありません。

 

今利用しているMVNOが光コラボを提供していることが分かったなら、次に確認するべきポイントは、光セット割引を提供しているかどうかです。

MVNOも光も提供しているものの、両者のセット割引がないというケースもあります。

もともとが格安のMVNOなので、光とのセット割についてもそんなに大きな金額でないことがほとんどですが、それでもないよりはあった方が多少なりともお得になるため、必ず確認しておきましょう。

 

現在MVNOシェアナンバーワンの「OCN モバイルONE」は、OCN光も提供しており光セット割もあります。OCNモバイルONEユーザーで自宅はNTTフレッツ光という場合には、簡単に転用することでOCNモバイルONEとOCN光のセット割を適用させることもできるため、よりお得です。

光コラボをしていないMVNO事業者としてはDMMモバイルや楽天モバイルなどがありますが、両者とも光コラボはないので光セット割引も存在しません。光セット割引なしのMVNOを利用する場合、固定のインターネットはアクセスラインとプロバイダーを含めて最もお得なサービスを探して利用すればいいでしょう。

MVNOと固定のインターネット、もっとも効率よく使える組み合わせを探していきたいところです。

 

 - MVNOの選び方