格安SIM/格安スマホ/MVNO情報まとめ

MVNO/格安SIMで格安スマホ利用/一から学ぶMVNO

*

MVNOの老舗/日本通信「b-mobile(ビーモバイル)」

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

MVNOが話題になり始めたのはまだまだここ数年ですが、その歴史は、実は多くの人が考えているよりも案外長く、その中でも老舗である日本通信は2001年ころからサービスを開始しており、日本で最初のMVNOとしてどこよりも早く商用サービスを開始しています。

ただ当初はまだ市場も成熟しておらず、今ほど注目されているわけでもなかったために、まさしく「知る人ぞ知る」サービスでしたが、ここにきて大きな注目を集め始めたMVNOの老舗として、格安サービスや他にないサービス展開を次々と実施しています。

日本通信が展開するMVNOのブランド名は「b-mobile(ビー・モバイル)」です。

当初はデータ通信SIMのみを取り扱っていましたが、現在は音声対応SIMカードも取扱い開始しており、MNPにも対応しています。

ドコモやau、ソフトバンク、ワイモバイルなどから番号そのままでb-mobileに移行でき、通話通信を利用することが出来ます。

また、様々な種類のSIMカードを取扱いしており、イオンの「格安スマホ」用として提供したSIMカードや、ヨドバシカメラ版、アマゾン版などもあり、利用用途に合わせて選択できる幅広さと、色々な企業との協業も注目されます。

また2015年は、SONYから分かれる形となったパソコンブランドのVAIOとの協業が発表され、VAIOブランドのスマートフォンにSIMカードやサービスを提供する形でサービス展開する予定としています。

その他にも、日本初の「03」で始まる番号をスマホで利用することが出来る「03スマホ」を提供開始し、注目を集めています。こちらも日本で初めてとなる固定電話網と携帯網の融合であるFMC(Fixed Mobile Convergence)として、今後の展開が期待されてもいます。

何かとMVNOにおいて注目を集め、最先端を行く日本通信のb-mobileですが、最大手のOCNモバイルONEやIIJmioなどと並んで今後のMVNOを占う存在として検討の対象としておきたいところです。

 

 - お勧めMVNO