格安SIM/格安スマホ/MVNO情報まとめ

MVNO/格安SIMで格安スマホ利用/一から学ぶMVNO

*

IIJmioのデータ容量・2015年4月1日より増量

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットイニシアティブ(IIJ)の格安SIMサービスIIJmioのデータプランが、2015年4月1日よりデータ容量の増額が発表されました。

ミニマムスタートプランは従来2GBから料金そのままに3GBに増量されます。

ライトスタートプランは従来4GBから5GBに増量。

ファミリーシェアプランは従来7GBからなんと10GBに3GBも増量されます。

これにより、ミニマムスタートプラン900円(税別)、ライトスタートプラン1520円、ファミリーシェアプラン2560円です。

MVNOのデータ専用プランは、2015年3月現在、最低料金が600円台から高くても1200円程度ですが、容量はその中でも様々で1GB~2GBが平均となっています。

今回のIIJのデータ容量増量により、900円という安価で3GBという容量を使うことができるようになり、他社と比較してもかなり安く多くの容量を使うことができるように改善されます。

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアとは元々比較にならない価格の安さではありますが、今回のデータ容量増量によってさらにお得感が増しています。

データ専用SIMだけでなく、音声通話機能付きSIMでもSMS機能付きSIMでも同様に通信容量の増量が実施されるため、非常にお得です。

加えてIIJmioでは、2015年3月17日よりファミリーシェアプランにおいて追加SIMカードがMNPに対応します。

これにより、家族分の契約をそのままIIJmioにMNPポートインすることで通話も通信もそのまま利用することが出来、しかも家族でシェアする形にすることができるため、大手キャリアで通信するよりもはるかにお得な料金で利用することが可能となります。

ファミリーシェアプランを利用する場合、データ通信10GBの基本料金が2560円で、音声通話機能を付けるとSIMカード1枚に付き700円がかかります。

仮に家族三人でファミリーシェアプランを利用すると、10GBを三人で利用することが出来、700円×3枚ということで2100円、合計4660円で家族三人分のスマホを利用することができるようになります。

ドコモでカケホーダイプラン、シェアパック10で10GBを利用しようとすると、2700円×3台、spモードが300円×3台、シェアパックとシェアオプションで10500円、合計で19500円(税別)となるため、軽くIIJmioで利用した場合の四倍もかかります。

そういう意味では、家族まとめてIIJmioという方法もとれるようになった今回の変更は、ユーザーにとって非常に大きなメリットがあるといえそうです。

IIJmioユーザーは、家族分もまとめてMNPを検討してみたいところです。

 

 - MVNOの選び方, お勧めMVNO