格安SIM/格安スマホ/MVNO情報まとめ

MVNO/格安SIMで格安スマホ利用/一から学ぶMVNO

*

IIJmio、「みおふぉんダイヤル」及び「ファミリー通話割引」開始

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットイニシアティブが展開する人気のMVNO「IIJmio」は、2015年4月1日より「IIJmio高速モバイル/Dサービス」の音声通話機能付きSIMカードにて利用可能な「みおふぉんダイヤル」および「ファミリー通話割引」を開始すると発表しました。

通常、IIJmioの音声通話機能付きSIMカードを利用する場合、通話料は固定電話に対しても携帯に対しても一律で20円/30秒(税別)ですが、その通話料金に対する割引サービスとなっています。

みおふぉんダイヤルについては、専用の「プレフィックス番号(0037-691)」を発信番号の先頭に付加して発信することにより、通話料金が半額の10円/30秒で利用することができるようになります。

専用のスマホ用アプリも提供されるということで、そのアプリを利用すれば、わざわざプレフィックス番号を付加する必要もなくなります。

 

「ファミリー通話割引」については、条件を満たした通話について、通話料金を20%割引するというもので、その条件としては

・同一のmioID内でご契約中のみおふぉん同士であること

・他社が提供する楽天電話などの中継電話サービスを利用していないこと

となっています。

しかも、ファミリー通話割引内で「みおふぉんダイヤル」を利用した場合、ファミリー割引が適用された金額からさらに半額となります。

つまり、20円/30秒がファミリー通話割引で16円/30秒になり、そこから「みおふぉんダイヤル」で8円/30秒となり、非常にお得になります。

どちらも月額料金は無料で提供されるサービスとなっていますので、ユーザー側としてはただお得になるという、非常にうれしいサービス開始といえます。

現状、ケータイ・スマホの大手キャリアであるNTTドコモ、au、ソフトバンクでは、月額料金2700円での完全通話定額制プランが提供されているため、通話量が極端に多い場合はカケホーダイの方がやはりどうしても安く抑えることが出来ますが、もともと通話がそれほど多くないという場合には、格安のMVNO音声通話付SIMが最も適しており、その中で今回のIIJmioの通話割引は非常に使えるサービスといえそうです。

進化するMVNO・IIJmioから今後も目が離せません。

 

 - MVNOの選び方, お勧めMVNO