格安SIM/格安スマホ/MVNO情報まとめ

MVNO/格安SIMで格安スマホ利用/一から学ぶMVNO

*

b-mobileの定額使い放題プラン「b-mobile SIM 高速定額」

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎月スマートフォンで動画を視聴すると、どうしても利用容量が増えてしまいます。

もちろん自宅などにWi-Fiの環境があれば、Wi-Fiを利用することで容量を気にすることなく動画を視聴することができますが、誰しもが自宅にWi-Fi環境があるわけではありません。そのためドコモなど大手キャリアを利用している場合、限られたデータ容量の中で節約しながら細々と動画を視聴するしかありません。そこで活躍するのが、b-mobileの高速使い放題プラン「b-mobile SIM 高速定額」です。

 

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアでスマートフォンを利用した場合、基本的には毎月高速で利用できる通信容量には限りがあり、容量が増えれば増えるほど利用料金も高額になっていきます。

そのため、Wi-Fiの活用は必須となってきますが、MVNO格安SIMの中には、定額使い放題で利用できるプランを持つMVNOが数社あります。

その中の一つ、日本通信の「b-mobile SIM 高速定額」は、月額料金が1980円で、ドコモのLTE通信網を利用した高速通信が使い放題となります。

他に通信容量定額使い放題を提供しているMVNOでは「ぷららモバイルLTE」と「U-mobile」がありますが、ぷららモバイルLTEは定額使い放題ではあるものの通信速度が最大3Mbpsということで、かなり速度に制限をかけてあります。「U-mobile」については、LTE高速通信が定額使い放題となるため、b-mobileと条件は同じですが、料金が2480円と、b-mobileよりも若干高めに設定されています。

そう考えると、最もコストパフォーマンスがいい定額LTEプランを持つMVNOとして、「b-mobile SIM 高速定額」は非常に魅力的なMVNO格安SIMということができそうです。

 

例えば、ドコモのデータSパックは、2GBの利用で3500円です。それだけでは容量が足りずに2GBを追加したとすると、さらに2000円かかります。そんなユーザーが「b-mobile SIM 高速定額」を利用すれば、データSパックよりも安い料金1980円で2GBどころか使い放題で通信が利用できるようになるため、サブのSIMカードとしてでも導入した方が遥かにお得になります。

LTE高速通信の使い放題は、Wi-Fi環境がなくデータ容量が毎月まったく足りない人にとっては救いの神となりうるサービスといえます。

 

もちろん、格安の使い放題というメリットの部分ばかりではなく、どうしても時間帯や場所によっては速度が非常に出にくくなることがあるというデメリットもまだまだ存在しますが、それでも高速通信使い放題という、WiMAXを除いて大手キャリアでは実現しえていないプランを提供しているということだけでも十分存在意義があるのではないでしょうか。

日本通信の「b-mobile SIM 高速定額」を、利用検討の対象として是非考えてみましょう。

 

 - お勧めMVNO