格安SIM/格安スマホ/MVNO情報まとめ

MVNO/格安SIMで格安スマホ利用/一から学ぶMVNO

*

b-mobile「おかわりSIM 5段階定額」とは

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本通信は2015年6月10日より、「b-mobile おかわりSIM 5段階定額」を発売すると発表しました。

業界最安値をうたうDMMモバイルをさらに下回る格安SIMとして、最低料金500円(税抜)/1GBからスタートとなります。

「おかわり」の意味としては、500円/1GBから、容量オーバーするごとに1GB250円ずつおかわり(追加課金)されていきます。

つまり、750円/2GB、1000円/3GB、1250円/4GB、1500円/5GBとなります。上限が1500円/5GBであり、それを超過すると速度制限がかかり200kbps通信となります。

使った分だけの請求ということで、使わない月、使う月がまちまちな人にも適しており、仮に使いすぎたとしても1500円でストップするため高くなりすぎることもありません。

2015年6月現在のMVNO各社のプラン状況を見ると、月あたりのスタンダードは3GBであり、例えば人気のIIJmioは900円で3GBを提供しています。

3GB時点での料金については、今回の「b-mobile おかわりSIM」は1000円かかるため、そこだけで比較するとIIJmioの方が安くなりますが、使わない月は750円、もっと抑えれば500円にすることが可能であり、仮に3GBオーバーしても5GBまで高速通信が使え、料金も最大1500円という点は大きな強みです。

仮にIIJmioで5GBプランを利用する場合、1520円となり、b-mobileよりも20円高くなっています。

同じく人気のMVNO「OCNモバイルONE」では、3GB時点で1100円なのでIIjmioよりもb-mobileよりも高いですが、5GB時点では1450円なので最も安くなっています。

IIJmioとOCNモバイルONEの、b-mobileと比較した場合の強みとしては、NTTの光コラボサービスを展開しているという点が挙げられ、OCN光、もしくはIIJmioひかりを利用している場合、モバイルSIMのプランにも割引が適用されるため、3GB時点、5GB時点それぞれでb-mobileより安くなるという点ではb-mobileは不利になります。

結局は利用方法や状況次第ということになりますが、自宅のWi-Fi環境をうまく利用できている場合は、実際のところ1GBもあれば十分ひと月持つケースが少なくないと思いますので、そう考えるとやはりもっとも料金的に有利になるのは1GB500円スタートとなるb-mobileかもしれません。

とりあえず自分の利用状況をしっかり見つめなおし、そのうえでどのMVNOプランが最も有利で適しているのか判断したいところです。

 

 - お勧めMVNO