格安SIM/格安スマホ/MVNO情報まとめ

MVNO/格安SIMで格安スマホ利用/一から学ぶMVNO

*

au系MVNO「mineo」がドコモ系SIMも提供開始のニュース

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

au系MVNOである「mineo(マイネオ)」を提供しているケイ・オプティコムは、今まで提供してきたau系SIMに加えて、2015年9月よりドコモ回線を利用したプラン、ドコモ系SIMの提供を開始すると発表しました。

これにより、日本初の個人向け「マルチキャリアMVNO」として、好きな回線を好きなスマホの好きなプランで利用できるMVNOとして、他社MVNO事業者と差別化を図ります。

今まではドコモのスマホを所有している場合、mineoの格安SIMを利用するためには、ドコモスマホのSIMロック解除をしないと利用できませんでした。そのため、ドコモスマホ所有のユーザーは、mineoではなくSIMロック解除を実施しなくても利用することが出来るOCNモバイルONEやIIJmioなど、多数のドコモ系MVNOへと流れていました。

しかし、今回のmineoのドコモ系SIMの提供により、安心してドコモスマホを持っているユーザーも、mineoをMVNOの選択肢に入れることができるようになります。

当然、今まで通りauのスマホを所有しているユーザーは、数少ない選択肢の最有力としてmineoを今まで通り利用することもできます。

 

契約次第では、ドコモ系SIMとau系SIMの両方を所有することもできますが、それぞれ別の料金プランとして利用可能であり、さすがに一つの契約で同時に二つのSIMカードを利用することはできません。

現在提供中のサービスである家族間で余ったパケットをシェアすることができる「パケットシェア」については、家族内でドコモ系SIMとau系SIMをそれぞれ利用していたとしても「シェア」できるようにするということです。この点は非常に便利でうれしいポイントといえそうです。

このmineoのマルチキャリア施策とマルチキャリア間でのパケットシェアは、あえて現在大手キャリアに存在している家族内での他社回線、いわゆる「ねじれ」にも注目しており、それをそのままドコモ系au系両方を受け入れて、そのうえでシェアをできるようにしようという画期的なものとも言えます。

 

その他mineoは、パケットギフトサービスの導入や、海外渡航者・訪日外国人向けのプリペイドSIMの販売なども発表しており、積極的な2015年の展開となります。

今までau系MVNOということで、存在感が薄かったmineoですが、今後はドコモでもauでもいけるMVNOとして台頭してくるかもしれません。

 

 - MVNOニュース