格安SIM/格安スマホ/MVNO情報まとめ

MVNO/格安SIMで格安スマホ利用/一から学ぶMVNO

*

大手キャリアのスマホが実は最も安く買える?

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

MVNO各社が提供する格安SIMサービスは非常に魅力的なサービスですが、それはそれとして、そもそも基本となるスマートフォン端末がなければMVNOも利用することが出来ません。

そのため、とりあえずどうにかしてスマートフォン本体を手に入れる必要があるわけですが、方法としては三つあります。

 

1.ドコモやauで元々利用していたスマホを使う。

2.ネットオークションやスマホ中古販売店で手に入れる。

3.MVNO各社で提供しているスマートフォンを購入して使う。

 

最低限の料金で利用することができる格安スマホを取扱いしているMVNO各社や、ネットオークションでの購入であれば、それこそ1万~3万円程度でスマホを手に入れることができます。ただし、格安スマホは大手キャリアから発売されているスマホと比較するとスペック上はほどほどの性能であり、ネットオークションでも価格帯が安いもので探せばどうしても少し以前の機種になったりとスペックは落ちます。

上記の三つの中でもっとも料金がかからない方法は当然元々利用してい機種を使う 「1」 です。スマホを改めて購入するというわけではないので、その分料金を抑えて利用が出来ます。

ただ、大手キャリアの場合はそんな方法をとらなくても、普通に買い替えた方が実はスマホ本体の代金は安くなる可能性があります。

現在、ドコモ、au、ソフトバンクのスマホは、すべて割賦方式での販売となっており、元々は7万~9万もするスマホがほとんどです。割賦契約が主流になって分割支払いができるとはいえ、それにしても高価すぎるスマホをユーザーはよく購入すると感じられはしないでしょうか。

そのからくりとしては、月々サポート(月々割等)が毎月の基本料金などに適用されることにより、二年間利用した際の実質負担金は格安になっているのです。つまりドコモやau、ソフトバンクの契約を少なくとも二年間利用すれば、実質の負担金はMVNOの格安スマホよりもさらに安くなる可能性があるわけです。中には「実質負担金0」、つまり二年間使えば本体代金は実質無料という機種も少なくありません。

ただそれにしても、二年間の利用をして初めて元が取れる仕組みの中では、結局大手キャリアを利用し続ける必要があり、格安にするためのMVNOの利用ができなくなってしまいます。そうなると結局、端末を安く手に入れるために大手キャリアからは逃れられない形になってしまいます。

そのため、もう一つ別の方法を考えてみます。

それはMNPを利用する方法です。

今現在利用している大手キャリアの契約を、別のキャリアに乗り換えするようにします。たとえばドコモからauにMNPポートインすると、スマホ端末代金が「一括0円」になっていることがあります。

本来0円になったりということはほとんどありませんが、各店舗やキャンペーン時期などに、「MNP一括0円」と大々的に掲げられていることがあります。その時こそがチャンスであり、会社を移ると本体代金が実質0円ではなく一括0円で手に入ることになります。実質0円は二年間使っていただいた場合なので、必ず二年間の縛りが発生します。結果、大手キャリアから外へ出ることができなくなってしまいます。

それに対して「一括0円」の場合は、そもそも本体代金が一切ないので、いつでも解約をすることができます。つまり、一括0円で端末を手に入れたあとは、キャリア契約を解約してMVNO格安SIMを利用する、という方法です。

 

少し前までは、この方法が最もお得に最新端末を手に入れることができる方法でしたが、最近は、ドコモでもMNP新規契約時に端末購入サポートという割引方法を採用しており、一括0円の機種は最低利用期間が定められており、その期間内に解約をすると端末代金の半額程度の解約金を求められたりする機種もあるので、なかなか難しくなってきているのは事実です。

ただ、auなど、まだそうした仕組みがないキャリアや端末もありますので、そこはしっかり確認をしてもっともお得にスマホ本体を手に入れることができる方法を模索したいところです。

 

 - MVNOとドコモ