格安SIM/格安スマホ/MVNO情報まとめ

MVNO/格安SIMで格安スマホ利用/一から学ぶMVNO

*

フィーチャーフォンの出荷前年度比増加とスマホの減少

   

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年度の携帯電話の出荷台数において、フィーチャーフォンが前年度比で6パーセントほど増加したそうです。

それに対してスマートフォンは、前年度比7.2パーセントほど減少したということで、最近よく言われているように、スマホの普及が一定率に達し、スマホからフィーチャーフォンへの回帰の動きが見られつつあるようです。

話題なのでスマホに変えてみたものの、実際はそれほどスマホの機能を利用せず、フィーチャーフォンで十分だったというユーザーや、スマホよりも従来型のフィーチャーフォンの方が料金が安く抑えられるという理由から、フィーチャーフォンへ戻すユーザーが存在しているようです。

ただし、世間的な流れがフィーチャーフォンからスマホへ移っているのは間違いなく、ドコモなどの大手キャリアは価格やキャンペーン施策などからもフィーチャーフォンからスマホへの早期の完全移行を目指している節もあり、まだまだ存在するフィーチャーフォンユーザーをスマホへ誘導していく流れは変わらないものと思われます。

料金の問題でスマホからフィーチャーフォンへの流れが存在するということは、この層をもっとも狙い目としていきたいのがMVNO格安スマホであり、今後はMVNOの認知度がもっと広がっていけば、現在フィーチャーフォンへ還流している流れがそのままMVNOへと移行していく可能性があります。

スマホからフィーチャーフォンへの回帰組の中には、初期のスマートフォンを利用してその電池持ちの悪さや操作性の悪さに辟易して戻った人たちも存在していると考えられ、そうした人たちは現在の安定期に入ったスマホを利用すればまた考え方が変わる可能性もあります。

今現在、スマホを利用はしているものの料金の問題などでフィーチャーフォンへの変更を検討している人は、ここでいったんフィーチャーフォンではなくMVNOの格安スマホを 検討してみたいところです。

使い方によってはフィーチャーフォン同等、もしくはそれよりもさらに安価にスマホを利用できる可能性もあります。

そうした格安利用の可能性を秘めているMVNOは今後も大きく伸びていくのかもしれません。

 

 - MVNOニュース